豚プラセンタのイメージ

 

市場に流通している化粧品やプラセンタつぶ、プラセンタドリンクの多くはを使ったものが多いです。
豚は食べる時もよく火を通してしっかり焼かなくては危険と言いますよね。

 

そのイメージがあり「あまりよくない」というイメージがついてしまっているようです。

 

悪いイメージ

 

豚プラセンタでも同じイメージがついてしまっていて危険と思っている方が多いようです。
安価ということで効果が少ないというイメージや、感染していそうなどいい悪いイメージばかりです。
また品質も豚の胎盤を使っているということで低品質だと勝手に思っている方も少なくありません。

 

本当に豚プラセンタ危険なのでしょうか?

 

気になる豚プラセンタの安全性

 

悪いイメージがついてしまっている豚プラセンタですがどうしてでしょう。

 

確かに豚は一頭ずつ飼育されていることはあまりなく、数十頭同じ飼育部屋にいます。
そしてお互い感染し合わないようにワクチンを投与されたり飼料に薬を混ぜて与えたりして飼育します。
そんな薬づけの豚の胎盤では少々不安があり危険かと思います。

 

しかしプラセンタとして使われている豚は一般的な豚ではなく豚の中のサラブレッドともいえるSPF豚なのです。
このSPF豚というのは徹底した管理下で飼育されている豚のことで指定された病原体を持っていない豚のことをいいます。

 

このSPF豚は菌をもっていないためプラセンタの原材料としてはかなり品質が良い とされているのです。
なぜかというとまず胎盤から抽出するときに滅菌処理をするのですがもともと菌をもっていないSPF豚に関しては過度な滅菌処理をする必要がありません
滅菌処理によってプラセンタの有効成分が壊されてしまうことがありますがSPF豚の場合にはその有効成分をなるべく壊さずに抽出することができるといえます。

 

そのことによって品質の高いプラセンタにつながるということです。
またSPF豚は国産豚が多く使われていますが中には海外の豚を使っていることがあります。
海外の豚だけでは危険ですので注意しましょう。

 

デンマーク産の豚に関しては厳しい基準のもと育てられているので国産のSPF豚と同じ扱いになります。
何を食べて育ったか、誰が育てたかなど分かるようになっていて管理が徹底されています。

 

つまり豚プラセンタを選ぶときに必ず気を付ける点としてどんな豚をつかているのか必ずチェックする必要があります。
SPF豚やデンマーク産の豚を使っているのは安全と言えるでしょう。

 

SPF豚ではなく国産豚で、しっかりとした管理体制の下で飼育されている豚であれば危険と恐れることはないでしょう。