豚プラセンタサプリをはじめたくさんの商品数でどれがいい?

プラセンタサプリの商品の数の多さは本当に購入する人には悩みの種になっているといえるかもしれません。
プラセンタサプリには豚プラセンタをはじめとする馬プラセンタ、羊プラセンタがあり、最近ではプラセンタとうたって新しい種類のサプリが参入してきました。
よってプラセンタサプリ市場は本当に数が多くどれを購入していいか悩んでしまうのが現状です。

 

そこで今回はそんな数あるプラセンタサプリを購入するときに注意すべき点、またはポイントを紹介していきたいと思います。
プラセンタ効果を感じるために一番重要なことは自分に合ったプラセンタサプリを摂取するということです。
自分に合っていればきっと自分にとっていい効果を感じることができるでしょう。
ですがあっていないサプリを摂取していてもなかなか効果を感じることができません。

 

ではどうやって自分に合っているサプリを見つけるかですね。

 

まずは自分に合っているかどうかを判断する前に良いサプリを見つけることをしましょう。
やみくもにたくさんあるサプリの中から自分に合いそうなものといって見つけることはなかなか難しいと思います。
そしてそのたびに購入して飲んで、あわなかったらまた購入して飲んで・・・続けていくのは経済的に大変でしょう。
まずは良いサプリを選ぶことが第一のポイントとなるでしょう。

 

良いサプリを選ぶときに注意してみるポイントとは?

まずはよりサプリを選ぶために以下の点を注意してみましょう。

 

  • 原材料
  • 抽出方法
  • 含有量
  • 純度
  • 成分
  • 安全性
  • 価格

 

まずは どの動物の胎盤を原材料にしているかを確認しましょう。
それぞれに特徴があります。
プラセンタサプリを愛飲している人の多くは豚プラセンタ、または馬プラセンタを摂取しているようです。

 

抽出方法は商品に掲載されているわけではありません。
ですがプラセンタサプリを購入するうえでネット購入がほとんどになると思います。
そのネット購入での商品ページをよく見ると抽出方法が記載されているものがあるはずです。
抽出方法とは胎盤という原材料からプラセンタの有効成分をどのように取り出してサプリにしたかどうかということです。
この抽出方法でそのサプリの品質が決まってしまうといっても過言ではありません。
有効成分を壊さないように抽出している方法でサプリになっているものがおすすめです。(酵素分解抽出法がおすすめです)

 

含有量はそのサプリにどのくらいプラセンタ成分が含まれているか表す値のことです。
業界NO,1とされているのは220mgも含有量があり、またその純度も100%であることが一番望ましいです。
記載されていないサプリについては確実性がないので避けたほうがいいかもしれません。

 

成分はそのサプリにいったい何が含まれているかを表したものです。
プラセンタ成分が必要だからこそプラセンタサプリを購入するのですから余分な混ぜ物が入っていないほうがおすすめでしょう。
ですが中には美容成分を配合しているものもありますのでそこは自分に合っているほうを選びましょう。

 

重要なポイントは安全性ですがこれは初めに書きましたが、原材料を選ぶ時点で関係してくる点です。
プラセンタの原材料として安全とされているのは馬を使った馬プラセンタです。
豚への不安もリスクとしてありますが、豚の場合はSPF豚が原材料であるものを選ぶことが必須になってきます。

 

最後に価格ですが良いプラセンタ=高いプラセンタサプリというわけではありませんので気を付けてください。
原材料の値段の違いがそもそもあります。
希少価値がある馬と数多く出産をする豚の胎盤では原材料そのものに値段の違いが出てきてしまいます。
プラセンタ市場では価格の目安は

豚<馬<羊

となります必ずこのようになっているわけではありません。

 

良いサプリを見つけたらその中から自分の要望に合わせて選ぶ!

上記の点に注意をすることによって良いサプリを見つけることができたでしょう。
ここからは自分の期待するプラセンタ効果やさまざまな条件に合わせて選んでいくことが必要となるでしょう。

 

例えば美容効果を期待している人であったらプラセンタ成分だけではなく美容成分が入っているものを選んでみるのもいいと思います。
また1回に飲む量が何粒にもなるのがいやであったら1粒で十分の量が摂取できるサプリを選ぶなど自分に合うものを見つけていきましょう。

 

お試しタイプがあるものも多くありますし、無料で飲めるサプリもあります。
きっと自分にあうプラセンタサプリを見つけることができるでしょう。

 

ネット購入が基本ですがドラッグストアなどにもプラセンタサプリという名のものはあります。
またプラセンタ成分配合…という商品もよく目にします。
その多くは豚を原材料にした豚プラセンタのものが多くあります。
ではなぜ豚プラセンタが多いのでしょうか?
プラセンタの中で人気があるからなのでしょうか?

 

豚プラセンタが多く使われるのはプラセンタで人気だから?

もちろん豚プラセンタも人気があります。
ですが人気があるからという理由だけで豚プラセンタを使っているメーカーが多いというわけではありません。
その理由には豚の胎盤の入手のしやすさが関係してくるのです。

 

プラセンタは動物の胎盤を原材料にしてそこから栄養素を抽出してサプリにしたり化粧水やドリンクに配合しています。
ということは豚の胎盤が必要になってきますよね。

 

そこで豚の生態を少し見ていきましょう。

 

豚は基本的に周期的に発情をしています。
動物によっては決められた季節だけに発情するものもいますが、豚は基本いつでも受け入れ可能といえるかもしれません。

 

そして豚の妊娠期間は114〜116日間と言われていますので約4か月程度で出産となります。
その結果豚は1年に2〜3回の出産をします。

 

養豚場はいかに母豚に出産をさせて子豚を出産させるかが重要になってきます。
現在繁殖できる母豚は9643000頭いるといわれています。

 

この豚が全部というわけではないですが、単純に多くの胎盤が入手しやすいことになります。
入手しやすいことで豚の胎盤の原材料は他の動物に比べ安価に入手できるのです。
そこで多くの会社や企業が豚の胎盤を原材料にした豚プラセンタ製品を多く作るのです。

 

このことから手軽に使える豚プラセンタが多いということです。
だからこそ手軽な値段な豚プラセンタも多くあります。
その際は必ずSPF豚であることが重要なポイントになります!!!